平井健士(Takeshi Hirai)のページ

こちらは平井健士のページです。

ひらい

研究テーマ

車車間・歩車間を利用した衝突警告アプリケーションの研究

研究内容

衝突警告アプリケーションとは、車や歩行者の通信デバイス間で、位置情報や速度情報を交換し、衝突の危険性があれば、警告するアプリケーションである。 本アプリでは、通信時は、デバイスの数が増えると、情報フレームが頻発することで、輻輳が発生するという課題があるため、これに対処する必要がある。 実際に、輻輳を低減するなどして、成果を出している。

業績

  1. 平井健士, 大西洋文, 村瀬勉, “車車間・歩車間通信におけるクラスタ通信方式による輻輳低減,” 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-129, pp. 125-130, 2016.
  2. 平井健士, 大西洋文, 村瀬勉, “歩車間通信における送信フレーム量軽減のためのクラスタ通信方式,” 電子情報通信学会総合大会, B-7-52, 2016.
  3. 平井健士, 村瀬勉, “車車間・歩車間通信を利用した衝突警告アプリケーションにおける高速/緊急車対応フレーム中継方式,” 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-132, pp. 211-216, 2017.
  4. 川崎綾也, 平井健士, 大西洋文, 村瀬勉, “衝突警告アプリケーションにおけるLTEを用いたV2X通信の遅延評価,信学技報,” vol. 116, no. 485, IN2016-126, pp. 175-180, 2017.
  5. 平井健士, 村瀬勉, ” 車車間・歩車間通信を利用した衝突警告アプリケーションにおける緊急者対応のための適応的な中継方式,” 信学技報, vol. 117, no. 129, IN2017-22, pp. 19-24, 2017.